沿革史

昭和29年、大分県師範学校、大分県女子師範学校、大分青年師範学校の同窓会を合併して、最後に大分大学学芸学部卒業生を加え、大分大学学芸学部同窓会が結成された。
 初代会長 矢野孝吉氏
 副会長 荒金軍平氏

 

昭和30年3月同窓会報創刊号発行。

 

昭和31年4月、矢野孝吉氏死去のため、春山庫喜市が2代目会長に就任。
 同窓会会則が制定される。
 創立80周年記念事業として、記念式典開催。記念事業として、学生会館の建設、牧源太郎先生記念碑の移転、同窓会都市支部結成の促進に努力する。

 

昭和35年3月、同窓会名簿作成。

 

昭和40年6月、春山庫喜氏死亡により、安東玉彦氏が第3代会長に就任。副会長に、池見喬氏、小野本ウメ氏、下郡平治氏。

 

昭和41年4月、大分大学学芸学部は大分大学教育学部と改名され、同窓会も大分大学教育学部同窓会と改名。

 

昭和41年5月「大分県教育発祥の地」の記念碑建設。

 

昭和43年1月、第2回、同窓会名簿作成。

 

昭和48年6月、同窓会80周年記念誌発行

 

昭和50年6月、小野本ウメ氏に代わり、岩久ツナ氏が副会長就任。

 

昭和51年10月24日、大分県師範学校の創立から丁度百年に当たるため、教育学部同窓会では、大々的な記念事業を行うことになった。

 

昭和51年12月12日、創立百周年記念式典並びに記念講演。

 

昭和52年3月、第3回、同窓会名簿作成。

 

昭和52年6月、総会で新役員が改選。副会長に田尻一雄氏が加わる。

 

昭和53年9月24日創立百周年記念像の竣工落成式開催。

 

昭和54年10月29日・11月6日、出身学校跡地(大分県師範学校、大分県女子師範学校、県立第二高等女学校、大分県実業学校教員養成所、大分青年師範学校)に記念碑建立

 

昭和55年、教育学部へ同窓会文庫を寄贈。

 

昭和58年5月、第4回同窓会名簿発行。

 

昭和58年11月7日、教育大講演会開催。

 

昭和61年10月24日、創立百十周年記念式典並びに記念講演。記念誌発行。

 

昭和62年6月11日、安東玉彦会長退任、池見 喬氏が第4第会長に就任

 

平成元年4月1日、情報社会文化課程設置

 

平成元年11月7日、池見 喬会長ご逝去 田尻一雄副会長が会長代行

 

平成元年12月、同窓会員名簿発行

 

平成2年6月9日、田尻一雄氏が第5第会長に就任

 

平成4年4月1日、大学院教育学研究科(修士課程)設置

 

平成8年6月2日、佐藤益美氏第6代会長に就任。副会長に、下田文一氏。

 

平成11月30日、教育学部創立120周年記念式典挙行

 

平成9年4月1日、人間福祉科学課程を新設

 

平成11年4月1日、学部名称を「教育福祉科学部」と改められる

 

平成11年6月12日、志手終吉事務局長退任、新事務局長に園田和孝氏就任

 

平成12年5月27日、安東 裕氏第7代会長に就任。副会長に、三重野ミツ子氏。

 

平成13年11月、同窓会員名簿発行

 

平成15年7月5日会報100号発行

 

平成15年10月1日、大分医科大学と統合し新「大分大学」となる

 

平成16年5月15日、仲道俊哉氏第8代会長に就任。

 

平成17年5月21日、同窓会名称を「豊友会」に改名。新副会長に古屋虔郎氏就任

 

平成17年12月、大分大学と同窓会との交流会発足

 

平成18年5月27日、新副会長に嶋津文雄氏、安田睦子氏就任

 

平成19年5月26日、園田和孝事務局長退任、新事務局長に稙田幹男氏就任

 

平成20年2月、同窓会員名簿発行

 

平成20年5月24日、古屋虔郎氏 第9代会長に就任。副会長に、園田和孝氏。

 

平成21年5月23日、嶋津文雄氏副会長退任、新副会長に首藤宏史氏

 

平成23年5月21日、安田睦子氏副会長退任、新副会長に安東吉子氏

 

平成24年5月19日、古屋虔郎氏会長退任、 園田和孝氏第10代会長に就任

お知らせ

お詫びと訂正

豊友会報141号1面の教育学部長のお名前の

記載に誤りがございました。

正しくは「古賀精治」です。(誠→精)

お詫びして訂正いたします。

 

   問い合わせ先  TEL;097-556-0145

                            FAX;097-535-7089

       E-mail:bundai-hoyu@fuga.ocn.ne.jp

 電話の問合せ時間;月…火…水…金の10:00~16:00

 

 

 

 

 
 

Twitter - 在学生が配信中