出身学校跡地 記念碑

 

大分県師範学校




大分県師範学校は、昭和20年の空襲で消失し、広大な敷地は県営の野球場となって、学校の面影は全くなくなっている。昔の正門前の桜並木の道路だけが残っているが、校門より奥の方は野球ブロック塀でさえぎられ出入りはできない。この門のあった位置に大分県師範学校跡の記念碑を建立した。この石碑は旧師範学校の門柱を掘り出して再現したものである。

 

大分県女子師範学校、県立第二高等女学校




大分県女子師範学校、県立第二高等女学校は共に戦火に焼かれ、昔の面影の片鱗する残していない。今は大分市立長浜小学校に生まれ変わっているが、桜並木は今はなく、古びた校門の門柱だけが昔を語りかけてくれるように残っている。その校門のすぐ横に女子師範学校跡と第二高等女学校の日本の記念碑を建て、昔を偲ばんとしたものである。

 

 

大分県実業学校教育養成所




大分県実業学校教育養成所は大正12年4月に県立三重農学校に併設された。昭和10年3月大野町に移転するまで13年間に三百数十名の卒業生を県下の実業補修学校に送り出した。 三重農学校は現在県立三重農業高等学校になっているが、学校の玄関横に養成所跡の記念碑を建立した。大野郡内の同級生が多数参集して遠い昔を偲んで喜び合った。

 

大分青年師範学校




昭和10年4月、青年学校業務制に伴い、校名を大分県青年学校教員養成所と改称し、現在の県立大野高校に移転併設された。その後、昭和19年4月、法改正により大分青年師範学校となった。昭和22年4月、学校を中津市へ移転した。中津市には現在学校跡地がないので、大野高等学校校門横に青年学校教員養成所と大分青年師範学校の跡地の記念碑を建立した。

 

その他の記念碑

■「大分県教育発祥の地」の記念碑

■創立百周年記念像

■出身学校跡地 記念碑

お知らせ

令和元年度総会終了

    事業計画及び予算書決定

 

お詫びと訂正

豊友会報141号1面の教育学部長のお名前の

記載に誤りがございました。

正しくは「古賀精治」です。(誠→精)

お詫びして訂正いたします。

   問い合わせ先  TEL;097-556-0145

                            FAX;097-535-7089

       E-mail:bundai-hoyu@fuga.ocn.ne.jp

 電話の問合せ時間;月…火…水…金の10:00~16:00

 

 

 

 

 
 

Twitter - 在学生が配信中