豊友会OBOG紹介vol.5 くらしソムリエ 藤田郁子さん(平成4年卒)

今回のOBOG紹介は、平成4年に卒業され、現在は『くらしソムリエ』として活躍中の藤田郁子さんにお話を伺いました。

 

ー『くらしソムリエ』とは、聞きなれない言葉ですが、どういったことなのでしょうか?

(藤田さん)整理収納アドバイザー、ジュニア野菜ソムリエという資格を取得し、その2つをあわせた活動をはじめました。『くらしソムリエ』というのは私の作った造語です。

 

ー『くらしソムリエ』。非常に興味をそそられます。整理収納アドバイザーというお仕事は大分では珍しいですよね。はじめられたきっかけは?

(藤田さん)資格を持っている方はたくさんいるようですが、整理収納を専門にされている方は大分ではあまりいないかもしれませんね。

住宅メーカーにつとめる夫の仕事柄、お客さまを自宅に連れてくることが度々あったため、誰がいつ来ても恥ずかしくないようにしておくことが必然でした。

2007年に、夫の知人にすすめられ、整理収納アドバイザー2級を取得しました。その後、1級や2級を教える講師の資格も取得しました。もともと、『家』『くらし』に興味がありましたので、資格を生かして、整理収納を仕事にしていこうと思いました。

 

ー具体的なお仕事内容を教えていただけますでしょうか?

現在は、パークプレイスのJEUGIAカルチャーセンターで整理収納アドバイザー2級の講師をしております。
また、一般のお宅に伺って、お片づけをするというサービスもしております。テレビで見ることもあると思いますが、荷物を全部出して整理し、使いやすいように収納するというような作業のお手伝いなどをしています。

教える』というスタイルではなく、『一緒に頑張って行きましょう』という横並びのスタイルです。叱るとか、厳しく言うとかそういったことはしませんよ。

ご家庭それぞれライフスタイルが違いますので、お客様の話を聞いて、コミュニケーションをとって、そのお宅にあった提案をさせていただいています。

 

ー『外部に整理収納を依頼する』という考えは大分ではどのような現状ですか?

まだ、大分では整理収納を外部に依頼できるということが浸透していないですね。 地方の家は広く、ものを移動させればいいという考え方の方や、家の中のことを他の人にやってもらうのははずかしいことなんじゃないのか?と考えられる方が多いのは事実なんですね。

でも、お金を払って、人に手伝ってもらって短時間でそういったことを終わることができたぶん、自分のために時間使うことができるわけです。
例えば、以前はマニュキュアを自分で塗るしかなかったのですが、今はネイルサロンのお店がたくさんあります。ネイルサロンに行って、プロの方からいつも以上に素敵にしてもらって、よかった、うれしかったという気持ちですよね。
お片づけ分野でも、同じように、誰かに依頼して、よくなった、うれしかったと感じて欲しいですね。

都市部では、そういった考え方も増えて来ました。

よく聞くのが、問い合わせをするまでに、悩んでいたということ。そのようなことを聞くと期待に答えなければという気持ちになります。
気軽にお問い合わせいただければと思います。
 

ーこの活動をはじめられる以前(学生時代など)のことを教えていただけますでしょうか?

教育学部の情報社会文化課程の1期生です。
全国、いろんなところから集まった同期生が多く、年齢も様々。
その後、一般企業に就職をし、結婚して、子育てを経験しました。 

 

ーそういった経験中に、『くらしソムリエ』のもとになるような発想はあったのですか?
大きな構想があったわけではないのですが、好きな事が仕事につながればいいという思いがありました。
それが、資格を取ったことで、具体化しました。
学生時代や会社員時代の経験から、伝えたり、聞いたり、話したり、人とコミュニケーションを取るのが好きだと感じていました。 現在の仕事は講師として人前で話したり、お宅にうかがって会話をする機会が多いです。緊張したり、大変なこともありますが、好きだから続けられるというのが大きいと思います。 お客様の笑顔を見たり、喜びの声を聞いたり、実際に人と会ってできることが楽しいですね。

 

ー藤田さん、ありがとうございました。
藤田さんは、アイディア溢れる気さくな女性といった印象でした。収納の悩み、実は抱えている方が多いのではないでしょうか。整理収納も一人で抱え込まずにプロの藤田さんに相談してみては?目からうろこがおちるかもしれません。
学校等での講演活動もされていますので、是非お問い合わせを。(お問い合わせ先等は以下ブログに記載されております)。

◆藤田さんのブログ◆ http://ameblo.jp/triangle-oita

お知らせ

令和元年度総会終了

    事業計画及び予算書決定

 

お詫びと訂正

豊友会報141号1面の教育学部長のお名前の

記載に誤りがございました。

正しくは「古賀精治」です。(誠→精)

お詫びして訂正いたします。

   問い合わせ先  TEL;097-556-0145

                            FAX;097-535-7089

       E-mail:bundai-hoyu@fuga.ocn.ne.jp

 電話の問合せ時間;月…火…水…金の10:00~16:00

 

 

 

 

 
 

Twitter - 在学生が配信中